FC2ブログ

丸ゴシック体-漢字。

漢字にはいろいろな部首があります。

しんにゅうこころは楷書体と形が違うので、覚えてしまいましょう。


しんにゅう、こころ。
スポンサーサイト

tag : 部首

丸ゴシック体-ひらがな。

ひらがなで、て・ん・わ・れをスッキリ描く方法です。

は1、2の要領で
は1~3の要領でストロークすると、往復の重なり部分がないのでスッキリ見えます。

て・ん・わ・れ


tag : ひらがな

丸ゴシック体

普段の書き文字に近い「楷書体」と「丸ゴシック体」を比べてみましょう。

同じスペースを使っても、丸ゴシック体の方が大きく見えます。

ふところ

ラインで囲まれた部分「ふところ(オレンジの部分)」が広いので大きく見える訳です。

枠いっぱい使って、ふところを大きくとってレタリングしましょう。

tag : 楷書体 丸ゴシック体 ふところ

丸ぺんで描く。

丸ゴシック体というと「丸っぽい文字」と
勘違いされている方が多いです。

丸っぽい文字

丸ゴシック体起筆・終筆が丸くなっている書体です。
ですから、タテ線やヨコ線を外側に丸く膨らませる必要はありません。

丸ゴシック体

また、丸ペンでの「日」の4つのカドは必然的に丸くなります。



丸ゴシック体の起筆終筆


丸ペンで基本の形でレタリングすれば、丸ゴシック体になります。

tag : 丸ゴシック体 丸ペン

丸ぺんで描く。

レタリングする時、普段の筆記体にならないよう
ていねいにストロークします。

普段の文字

ポイントは
1.右上がりに描かない。
2.ハネやハライは「スッ」と抜かず、先細りにならないよう
 最後まで同じ筆圧で。

アイ

ヨコ線は水平に、タテ線は垂直にまっすぐストロークします。
「イ」の左ハライは水平に近いので、ヨコ線を描くようなつもりで
左からストロークします。(赤い矢印)

このようにレタリングする時は、「文字を書く」というより
「記号を描く」つもりで筆順やストロークの方向は気にしないで
形を作りましょう。

tag : レタリング ストローク

POP用品
リンク